So-net無料ブログ作成
検索選択

高萩洋次郎の嫁が韓国人とはいったいどういうことなのか

ウェスタン・シドニー(オーストラリア
)のサッカー選手の高萩洋次郎が退団し
ました。

そんな中、今回は高萩洋次郎の嫁が韓国
人に迫ります。

スポンサードリンク




高萩洋次郎の嫁が韓国人とは


なぜ高萩洋次郎の嫁が韓国人と出て来る
のか。

調べてみました。

それは、どうやら…

在日韓国人3世だからということがわか
りました。

ただ、実際2世とか3世になると長年日
本にいます。

下手をすると生まれも日本だったりしま
す。

なので日本語もペラペラですよね、ほと
んど。

もちろん、韓国語も勉強しているでしょ
う。

すでにパイリンガルになっていると思わ
れます。

ここで、高萩洋次郎の嫁の韓国人のRin
aMoonことを紹介します。

考えてみると、ほとんど知らないので。

名前はRinaMoon(文理奈)と言います


たぶん、RinaMoonはニックネームだと
思います。

(文理奈)が韓国名かRinaMoonの当て
字になるのでしょう。

なので、日本名は高萩文理奈とかになる
のでしょうか。

1986年5月29日生まれの29歳に
なります。

血液型はB型です。

東京都品川区出身です。

ただ、高萩洋次郎と結婚してからは広
島に住んでいます。

大学は明治学院大学に通っていました


職業は音楽プロデューサーになります。

やっていることとしては、歌手、作詞、
和訳などが多いようです。

和訳は主に英語や韓国語などを訳してい
ます。

RinaMoonの顧客は韓国の歌手が多いで
す。

●パク・ヒョンビン

●キム・ヒョンジュン

●4Minute

●SE7EN

●2NE1

●BEAST

●BIGBANG

●GUMMY

●Rhythmic

●LivMoon

●5fivesta

などがいます。

RinaMoonはずっと歌手になりたかった
のです。

そこで何回もオーディションを受けまし
たがデビューまでいきませんでした。

しかし、そんなことを繰り返していたあ
る日に転機が訪れます。

何を介して知り合ったのか、わかりませ
んが作曲家に出会います。

その作曲家から作詞の力を認められたの
か歌詞を作るように頼まれます。

その後は歌手になるためのオーディショ
ンと作詞作りにいそしみます。

また、そんな日々を送っていたある日に
ある音楽プロデューサーに出会います。

なんと、その人は浜崎あゆみやSE7ENを
手がけていました。

業界ではかなりの有名人なようです。

そしてその音楽プロデューサーにも作詞
の力を認められます。

その縁があって、SE7ENの歌詞を担当す
ることになりました。

ただ、この時がまだ18歳なのでよほど
若くから挑戦の日々を送っていたのです


さらに、作詞は早くても3日から1週間
ぐらいかかるのが一般的です。

しかし、RinaMoonは平均で1日で仕上
げるそうです。

ということは、早いと数時間で仕上げて
しまうことになります。

なおかつその質には拘っているというこ
とですから、さらに驚きですね。

ちょくちょくライブもしているみたいな
ので歌手もしているようです。

ちなみに、高萩洋次郎とは遠距離恋愛
ったそうです。

高萩洋次郎は広島で、RinaMoonは東京
にいました。

そこで毎日連絡を取り合いお互いに励ま
し合っていました。

遠距離恋愛って2人の仲を試されますよ
ね。

遠距離になってしまった途端、寂しくて
すぐに別れてしまうカップルも多いから


逆に遠距離を乗り越えて結婚まで辿り着
けたなら本物です。

スポンサードリンク




まとめ


今回は高萩洋次郎の嫁が韓国人を取り上
げました。

これからの2人が末長く幸せになること
を願います。

スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。