So-net無料ブログ作成

森田正光の謹慎と台風27号にぶったまげた

6月18日(木)のダウンタウンDXに
気象予報士の森田正光が出演します。

そんな中、今回は森田正光の謹慎と台風
27号にスポットを当てます。

スポンサードリンク




森田正光の謹慎と台風27号とは


なぜ森田正光に謹慎という言葉が出て来
るのか。

調べてみました。

それは、どうやら…

特に謹慎という言葉では何も情報は出て
来ませんでした。

ただ、こんなことを見つけました。

森田正光が気象予報をする時に

「不謹慎かもしれませんが…」

という前置きをして例え話をするのです


あと、こんなことも言っています。

「好きな天気は竜巻です。

藤田哲也という作家がいます。

その著書の中にたつまき上という本があ
ります。

それは竜巻で起こりそうなミステリーが
いくつも紹介してあります。

私は思いました。

それを読んだ瞬間でした。

不謹慎を承知で言わせてもらいます。

実際に自分もそれに遭遇したいと強く思
いました。」

また、防災センターで暴風体験をした時
もこのように言っています。

「不謹慎な言い方かもしれないが、遊園
地などの絶叫マシーンより、よほど興奮
できる。」

このようにたびたび不謹慎という言葉を
使っています。

「不謹慎かもしれませんが…」

というのは、森田正光の決まり文句だっ
たんですね。

森田正光はとにかくわかりやすく説明す
すことを心がけています。

なので、この前置きがいつの間にか謹慎
という言葉でも話題になっていたのでし
ょう。

謹慎は以上です。

次は台風27号について見ていきます。

なぜ話題になっているのか。

それは、どうやら…

とんでもなく強力な台風だからでした。

その直前の台風26号というのが伊豆大
島で20人以上の死者を出しました。

その後台風27号と28号がダブルで発
生しました。

その台風27号はどんな進路を取るにせ
よ集中豪雨になると言われていました。

海外の専門機関は台風27号の方が関東
に早く到達すると予測していました。

が、森田正光は台風28号の方が早く関
東に到達すると見ていました。

そして、実際にそのようになり台風28
号の方が先に着きました。

台風28号が壁になったので、台風27
号は抜けづらくなり雨が長期化しました


集中豪雨になったことで公共交通機関は
運休になりました。

さらに大量に雨が降っているので、土砂
災害も起きました。

この時の森田正光の予報が人々の記憶に
残ったのでしょう。

台風27号については以上です。

スポンサードリンク




まとめ


今回は、森田正光の謹慎と台風27号を
取り上げました。

これからの森田正光の活躍を期待します


スポンサードリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。